あなたの心に寄り添う人、見つけましょう

うつ病の症状

うつ病の症状には、食欲不振や倦怠感があります。そういった症状を緩和させる為には、うつ病対策となる治療を受けることが必要になるでしょう。人とのコミュニケーションは、有効的な方法だとされています。

気をつける点

うつ病の治療をする中で気をつけるべき点があります。気分が高揚するときがありますが、それはうつ病の症状であって、病気が改善に向かっている訳ではありません。うつ病の仕組みを把握して治療に専念しましょう。

うつ病の種類

うつ病にはいくつかの種類があり、その種類によって症状も多少なりに異なるでしょう。その種類に合わせた治療を取り組むことが有効だとされています。うつ病患者は、自分がどの種類に当たるのかを把握しておきましょう。

発症の可能性

うつ病患者は多くいます。老若男女問わず、誰でも発症する可能性を持っています。ストレスを感じたら放置せずに、ストレスを発散させる癖をつけると予防に繋がります。うつ病の症状を感じるときには病院へ行きましょう。

変化に気付く

うつ病は気付かぬ内に発症する可能性がある病気です。うつ病の症状は、健常者にも起こりうることなので、気付くことが難しい病気ですが、違和感が生じたら病院に行くことが大事です。

詳細はこちら

理解されにくい

まだまだ誤解も多いうつ病

うつ病がどんな病気か正しく説明できても、家族や身近な人に症状が現れた場合どのように接すれば良いかといった具体的なことまではわからないという方も少なくないでしょう。しかし、現代社会ではうつ病を患っている人やすでに治療を受けている人は意外と多くいるものです。その症状は他の人が見てもわからない場合もあります。そのため、元気そうに見える人でも症状と闘っているといったこともありうるのです。うつ病は風邪と同様に、適切な処置をすることで治すことができる病気です。一度発症したらもう治らないと考えている方や、性格の問題だから治しようがないといったように誤解している方もいるのではないでしょうか。うつ病は誰でもかかりうる病気であり、そして治る病気でもあるのです。

症状が出た時に備えて

うつ病の症状が出ると、体力や気力が落ちて何も考えたくなくなることもあります。またうつ病にかかっていることに気づかないケースもあります。胃腸の調子が悪く、頭痛が続くなどといったことはよくある体調不良と片付けている方はいないでしょうか。これらの症状は原因が不明の場合、うつ病の可能性も考えられるのです。また、日々の忙しさで無理を続けて、ある日突然起き上がれなくなってしまったといったケースもあるのです。うつ病の症状にどのようなものがあるのかを知っておき、兆候を感じたらゆっくり休んで、念のために健康診断で他の疾患がないか調べておくなどの対策を取っておくと、うつ病の予防にも繋がり安心できるのではないでしょうか。

うつ病の方のためのネットサークルを利用してみましょう

基本的に、うつ病の患者たちに共通した心理として「孤独感」があります。 この手の疾患は、その存在や症状、病名だけが広く知られて、その原因や解決策などが まだまだ曖昧で研究途上なところがあります。 それゆえ、偏見を持たれてしまうことも少なくありません。 こうした悪いリアクションを恐れ、しまいには相談受付が仕事である医師やカウンセラーへの 相談でさえも大変勇気の必要なこととなります。 その結果、誰にも悩みを打ち明けられず、孤独感を抱えやすくなります。 昨今の動きでは、「患者対専門家」ではなく、「患者対患者」のコミュニケーションツールの登場が 見られます。 それまでは、うつ病の悩み相談は専門家に委ねることが主流だったため、 その斬新さを以て多くの会員(サークル参加者)を獲得するコミュニティサイトとなっています。 利用の仕方は簡単であり、ツイッターやFacebookなどのSNSの会員登録と同様な 手続きでサークルに入り、似た境遇にある人などを探してネット上で仲間を作ることができます。

サークルに多くの会員数を抱えられる秘訣とは何なのでしょうか

先述のようなサービスがどうして人気なのかには理由があります。 何よりも「抵抗が少ない」といったところにあります。 うつ病の症状が認められたとき、ためらいなく医師にかかることができる人は意外に少ないのです。 それは「医師でさえも怖い」といった対人恐怖から「知人に通院を見られたくない」といった抵抗感 などさまざまな理由によります。 また、医師やカウンセラーとの相性の関係があり、せっかく通院しても 解決がうまくいかないこともあります。 その点このようなサークルでは、必ず自分に近い年齢や性格、症状の持ち主がいるため その気持ちを共有しやすいのです。 また、一般のSNSではないメンタルヘルスの掲示板などは、その中での書き込みに対して ネガティブなものへの規制が管理されていないといった問題もあります。 その点でも医療機関などが立ち上げた公式のSNSでは、ネガティブな書き込みの規制など、 利用の規約がきっちりとなされているのが魅力的です。 こうした気軽さと簡便さから、ゆったりとうつ病の症状を話し合え、乗り越えていくきっかけに なります。